ひだまりと指先

日常のこと、小説更新のお知らせ、創作、夢小説、映画感想、ゲーム実況関連などを色々と書いていこうと思います!

鬼手紙一裏物語一第7話、第8話+2up

サイト更新です→白の福音歌 x 無料携帯ホムペ作成 リゼ

 

【オリジナル】に鬼手紙一裏物語一【http://lyze.jp/moon2009/book/48/】の第7話と第8話の2つをアップしました!8月10日にアップしてから四日目の更新…はっ!前と一緒ですね! とても順調に進んでいるので嬉しいです。
第7話と第8話は主に遠野と千歳中心のお話でしたね。 RTEの仕掛けや力の源はふにゃふにゃ(※重要なネタバレになるので伏せています※)の力だったようです。 まぁ、千年前はね…神と妖と人間の距離が近かったので現代にも現れますって。奥さん!←誰に言ってるというツッコミを入れてはいけない。
遠野達には遠野達の深ーい事情があったんです。だからと言って他人の日常を壊していいかと問われたらそうでもないんですよね。 いや、でもなぁ…あそこで断ってたり拒否したりしたらふにゃふにゃにチョメチョメされるし、下手したら美花も消されてたと思うと…うーん…難しい問題ですね(汗)自分で書いときながら何言ってんだって感じですけどね(滝汗)
《30年前の真実》を聞いた遊糸さんが千歳に対してどうするのかは第9話で明らかになります。
そして…第9話が書き終わったら、10年後の物語を書いて、鬼手紙シリーズは本当の意味で完結を迎えます。 全ての点と点が繋がった先にあるのが《何か》なのかを皆さんに見て頂きたいと思います。 気合い入れて頑張って書いていこうと思います。はい!

鬼手紙一裏物語一第5話、第6話+2up

サイト更新しました→白の福音歌 x 無料携帯ホムペ作成 リゼ

 

【オリジナル】に鬼手紙一裏物語一(http://lyze.jp/moon2009/book/48/)の第5話と第6話の2つをアップしました!8月6日にアップしてから4日後の更新になります!とても順調ですね!自分自身を褒めて上げたいです!
どんなに辛くても小説を書いてれば大抵の事は乗り越えられるんだなと思いました(真顔) 昨日ちょっとしんどかったんですけど、自然と小説を書いてた自分にびっくりしました(笑)
さて今回のお話は葵さんと咲羽様のお話でした。実はプロットの話の順番を変更しました。 ちょっと考えれなければならないことがあったので(汗)
お話を読んでいただければお分かり頂けると思いますが、葵さんと咲羽様…じゃなかった。咲羽はだいぶ苦労しております(汗)
どちらも神宿しとしてずっと地下研究所で暮らしてきたので《外の世界》のことをほとんど知りません。 なので偽の人生を歩んでいたとはいえ、秋人達のことが羨ましかったんだと思います。
さあ、しんみりするのは終わりにして!また次回からどんどんアップしていくのでよろしくお願いします~!!

鬼手紙一裏物語一第3話、第4話+2up

サイト更新のお知らせです→白の福音歌 x 無料携帯ホムペ作成 リゼ

 

鬼手紙一裏物語一の第3話と第4話の2つをアップしました!8月2日にアップしてから4日経っての更新です。 私としては早いペースだと思います( ˇωˇ )!
2つずつのアップなので、どうしても時間が掛かってしまいますが、その分濃厚な内容を書けるので私としてはとても楽しいです(笑)
第3話は牧野さんと葵さんの初めての出会いと《約束》の話を書きました。 第4話は鈴白の森で牧野さんが孝治と再会して…そこから牧野さんが弟の罪と向き合っていくのかを秋人と考えるお話でした。
どちらも書いてる時は無性に悲しくなりました。 葵さんについては第6話で書いていきますが…このお話も悲しく切ない物語なので、頑張って書こうと思います(泣)
ちなみに書き忘れてしまっていたんですが、第1話から第9話は遊糸さん達の物語で、第10話は秋人達の《10年後》のお話になります。
なので、見出しセリフとあらすじも編集しないといけませんね(汗) すみません…また変えておきます!
これからどんどん色々な人の過去が明らかになっていきます。 私も目をそらさずにしっかりと向き合って書いていきたいと思いますのでよろしくお願いします!

ゲーム実況を休止した理由

皆さん、こんにちは!パフでございますm(_ _)m 今日は7/28(日)からゲーム実況を休止した理由をご説明したいと思います。 追記にて続きます。

続きを読む

オリジナル・鬼手紙一裏物語一第1話、第2話+2up

サイト更新です!→白の福音歌 x 無料携帯ホムペ作成 リゼ

 

鬼手紙一裏物語一を追加しました!追加した瞬間に二話upしました!
鬼手紙一未来編で秋人達が未来へ向かって歩き、生きていこうとする前に語らなければならない物語があります。 それが遊糸さん達の過去です。
彼らの過去は悲しく辛いお話ばかりです(´・ω・`) ですが、それを書ききることで彼らも前に進むことが出来ると思います。
第1話は竜舞先生の過去話で、第2話は牧野さんの過去話です。 どっちも書いてる時…とても…辛かったです(´;ω;`) 特に竜舞先生の過去が…とても悲しかったので、リアルに泣いてしまいました。
牧野さんも牧野さんで辛かったです。 弟の孝治がいなくなってからの彼の全てを書きました。 未来編での鈴白の森で再会するときまで…彼の苦しみと虚無感は続きます(´・ω・`)
裏物語は鬼手紙シリーズ最終章です。 なので、気合い入れて2話ずつの更新を目標にしていきますので、よろしくお願いします!
それでは、次回の更新をお楽しみに!

 

サイト更新+鬼手紙一古代編一第8話、第9話、第10話+3up

lyze.jp

鬼手紙一古代編一に第8話、第9話、第10話をアップ&完結しましたーーーー!!!(大声)
8話と9話は短くなっちゃいましたが、第10話は七千字越えしました! 最終話はいつっもとんでもない文字数になってしまうので、困ったものですね!!←楽しくて仕方ないです(笑)
8話は揺れる秋声様の心を書いて、9話で初めて明信様が出てきます。プチ裏話をすると、実は五十嵐家の家系図には明信様の名前が書かれていません。何故でしょうね? その辺のことも鬼手紙一裏物語一で明かされるのでお楽しみに!!
正直鬼手紙一古代編一をこの短期間でよく完結できたなぁと自分を褒めています(笑)

鬼手紙シリーズは、鬼手紙一裏物語一で『本当の最後』を迎えます。 ここまで来るのに苦労しましたが、高校生の時から書き続けてきた鬼手紙シリーズを完結するために創作意欲を働かせて書き続けようと思いますので、よろしくお願いしますm(_ _)m!

それでは『鬼手紙一裏物語一』でまたお会いましょう

サイト更新*鬼手紙一古代編一第6話、第7話+2up

lyze.jp

 

mecuru.jp

 

『白の福音歌』とメクるさんに『鬼手紙一古代編一』の第6話と第7話をアップしました!下記の内容はサイトの日記からの引用です!

鬼手紙一古代編一に第6話と第7話をアップしました!
梅雨が明けて、蝉達が鳴いてきましたね!鬼手紙シリーズは夏をイメージしてるので、創作意欲がもくもくと上がってきました!!この勢いでどんどん鬼手紙一古代編一を書いていきたいと思います!
それにしても昔ながらの言葉遣いって難しいです(´・ω・`) 現代編、過去編、未来編はすらすら~と何も考えずに本能のままに書いてたんですが、古代編の舞台は千年前なので、昔ながらの言葉遣いを意識して書かないと秋声様達が現代っ子になっちゃうんです(--;)
それを苦痛だとは思ってないのでよしとします(笑)
さて、第6話は朱門様と麗子様、辰三郎様と千里様との交流と恋の話がメインでしたが、いかがだったでしょうか? 正直麗子様の所はね、心苦しくなりました(´ー`*)
ここで読んでくださる人に意識して欲しいのは『現代編の秋人達との関係と秋声様達の関係』です。難しく考える必要はありません。 私は上記で話したことを考えながら執筆してくると一人で萌えてきて、勝手に悶えています(笑)
第7話では青の助の先祖 聖光様が出てきましたね! 小話をしておくと鬼人である秋声様達は動物の声が聞こえます。それは千里様も同じですね。
これから聖光がどんな風に秋声様達と過ごしていくのかを見守ってくださると嬉しいです!
それでは、今回はここまでにしたいと思います!さようなら~!